思い切って合宿免許に一人で参加しました。
今までの自分は乗って運んでもらう立場だったわけです。
料理でいうならば、誰かが料理したものをただ美味しくいただくだけなわけで、どんなに美味しい料理を見て食べても料理をすることが上手くならないように、運転もただ乗せてもらっているだけでは、運転のことを知ることができるわけがありません。
免許を持っていれば就職先を選べる幅が広くなるので、参加する時は不安だったものの思い切って参加したのでした。
合宿というものは高校の部活動以来だったので久しぶりで懐かしく、普段住んでいる地域とは違う見慣れぬ環境の中での生活は楽しくもありました。
私の場合AT車での教習を選んだのでMT車よりも料金がやや安くなります。
最短で2週間ほどで取れるとのことで、別に早く家に帰りたいわけではありませんが、最大限の集中力を発揮して早く免許を取ろうと決意しました。
AT車なので足元はアクセルとブレーキの操作だけでクラッチがないので、その点では比較的簡単にできたと思います。
私は男性ですが、男性でAT車なのはいかがなものかと入校前に考えましたが、参加者には男性でもAT車の人は他にいましたし、結果的に最短で取ることができたので、AT車にして良かったと思いました。
近所の教習所へ通った場合だとAT車だとしても、こんなに最短で取れなかったことでしょう。
合宿免許では一人参加でも孤独感がありませんでしたし、半分旅行気分にもなれて良い思い出になったといえます。