この不景気のなかで、企業のなかには新しい事業を始めようとしているところも多くあります。
でも、新しい事業を始めるとき、従業員にその事業に必要な特定の免許がないと活動できないこともあります。
その一つとして自動車免許を挙げられるでしょう。
事務職をしていた従業員に新しく外回りの営業をしてもらおうと思っても、その従業員が自動車免許を持ってなければ外回りに必須となる自動車が運転できなければ意味がありません。
そのため、一日でも早く自動車免許を取得してもらおうと企業のなかには運転合宿免許に通うように支援してくれるところも少なくありません。
その運転合宿免許というのは、簡単にいえば自動車免許を取得するための合宿所といったところです。
朝から夕方まで自動車免許取得のために学科や実習を受けることができるのです。
そのため、自動車免許を最短時間で取得することができると言われています。
本人のやる気さえあれば、1週間もかからないうちに自動車免許を取得することも十分に可能です。
/そうなれば、事業主もすぐに仕事復帰してバリバリに働いてもらうこともできるので大喜びです。
このように、企業の中で従業員に最短時間で自動車免許を取得してほしいために運転合宿免許に通わせるケースが多いです。
また、運転合宿免許は普通の自動車免許以外にも大型トラックや2種や特殊車両をメインに扱っているところもあるので、企業はこの存在を知っておいて損はないと思っています。