車の免許、大型の場合

車の免許には運転できる車の種類に応じて、いくつかの種類があります。
一般の人が普通にマイカーを運転する程度なら、普通自動車運転免許で十分ですが、
例えばお仕事なので、大きな車を運転する必要があるといった場合には、大型自動車免許が必要となります。

大型免許で運転できる車の種類は、車両総重量11,000kg以上で、最大積載量6,500kg以上、乗車定員30人以上の車となります。
この条件にひとつでも当てはまる場合は、大型免許がなければ運転することができません。
また、もちろん大型免許にも第一種と第二種があり、お客さんを乗せたバスなどを運転する場合には、大型の第二種免許が必要となります。

大型自動車免許を取得するためには、指定自動車教習所に通い、教習を受け、卒業試験に合格する方法と、
試験場の一発試験で合格するという方法があります。
が、一般的に一発試験の難易度はt可く、自動車教習所に通うほうが一般的となっています。

大型の自動車免許を取得するためには、普通自動車免許や大型特殊免許を持っていて、
運転経験が3年以上あるという条件をクリアする必要があります。
ですので、最短で取得しようと考えても、満21歳以上である必要があるということですね。
普通自動車よりも、視力もよく見えることが求められます。

仕事のために大型免許を取得したい!などの場合には、「なるべく早く免許を取りたい」ということも多いのではないでしょうか。
現在は、合宿免許で大型免許にも対応したプランを用意しているところも多くなっています。
大型免許の倍、10日ほどで教習を完了できるところもあるので、普通に通う場合に比べ、かなり短期間での免許取得が可能になっていると言えるでしょう。
現在自分が持っている免許によって、大型免許の合宿プランの料金は変わってくるので、自分のケースに合わせた情報をあつめてみてはいかがでしょうか。
運転できる車の種類が増えれば、自分の可能性も大きく広がりそうですね。