少し前のことですが、車の免許が将来必要になるだろうからということで、教習所に通いました。
どこの教習所にいこうかと考えていた時になぜか、合宿免許という制度があることを知ってこの制度を利用して教習所にいくことにしました。
というのはこのシステムはさまざまな点でよさそうだったからです。
この合宿免許というのは、教習所の近くのホテルなどに泊まり込みで宿泊して、短期間のうちに教習を終わらせてしまうというシステムのことをいいます。
短期間で終了しますから、効率もいいですし、かかる費用もかなり安くなっていることもあって、集中して時間がとれる人にとっては非常に魅力的なものでした。
自分の場合は夏休みを利用してこの合宿に参加しました。
この制度を利用して良かったと思ったことはいくつかあります。
まずは、なんといっても短期間で教習が終了したことです。
教習所もこの制度には力をいれているのか、時間割といったようなものが合宿免許の生徒のほうが効率的になっているような気がしました。
そして、教習料金も安かったということもあります。
これは宿泊費こみで計算して、通いの人と比較すると一目瞭然です。
通いの場合は通学費のようなものもかかってきます。
そして、これは予想していなかったことですが、教習を楽しく受講することができたといったこともあります。
これは、合宿免許の生徒は同じ年代の人が多くて、教習所へのいき帰りも同じように行動をするのですから、自然と仲間ができてきます。
仲間ができると、教習がおわってからの次の教習までの待ち時間を友達としゃべったりしながら過ごせますから、すぐに時間がたっていくような感じです。
自分は一人でこのシステムに参加したので、ちょっと不安もありましたが、損な必要もありませんでした。
教習自体が競争といったようなものではなくて、授業さえ受ければわかるようなレベルで下から、ギスギスした関係になりにくいといったようなこともあったかもしれません。