大学時代にアルバイトしながらお金を貯めて、ある程度長い休みがある夏休みを利用して合宿免許で免許証を取得しました。
社会人になったら、資格の欄に免許所持くらいは書きたいと思っていましたし、また実際に車を運転できないといけない仕事も多いと聞いたからです。
特に女性の場合は、事務職などでは市役所などの用事で車を使うことも多いんだそうです。
また、合宿免許に決めたのは、大学の友達が高校時代に合宿免許で免許を取った話を聞いたのがきっかけです。
普通に自動車教習所に通うのは、実技は教官のスケジュールが詰まっていると、なかなかまとまって練習ができず、だらだらと続けて行くことで結局はお金が追加で掛かることも多いそうなのですが、合宿免許では短期間で指導を終えるという一番重要な使命がありますから、カリキュラムもしっかりぎっしり詰まれているし、時間的にも料金的にも無駄がなく、効率よく進めていけるのは、大変強みだと思いました。
色々な合宿免許の教習所がありますが、ネット割引や友達との参加で割引があったりする一方、食費などは別料金のところも多いので、トータルコストを考えて選ぶことも大切だと思いました。
私が通ったところは、寮費や食費も全部混みで明朗会計だったので、私もアルバイト代でまかなうことができました。
実際に食費は休みの日曜日だけ別途必要でしたが、それ以外は事前の説明通りで大変満足しています。
平日の夜はみんなそれぞれ自分の部屋で筆記試験に向けて勉強したり、慣れてくるとリビングやそれぞれの部屋で新しく友達になった人とお喋りをしたり、お互い分からないことを教え合ったりして、刺激し合えたのも、一発で合格できた理由だと思います。
教官の指導もわかりやすく、ピンポイントをうまくついた授業だったのも、とても良かったですし、さすがベテランの先生だと思いました。
最終的に合宿で出会ったお友達とは今でも仲良くしていますし、短期間で集中して勉強し免許を取得できたおかげで、大学の授業に集中できていますし、参加して良かったと思っています。