大学生の頃に、合宿免許で運転免許証を取得しました。
知らない土地に行って約3週間もの間生活しなければならないという点は少々不安もありましたが、仲の良い友人2人と一緒に申し込みました。
いざスタートしてみると、合宿所での生活は快適でしたし、一緒に行った友人たちの他にも、新たに親しくなれた人もいて、プラスアルファの楽しみが豊富でした。
ほとんどが学生で、同じ年頃の人たちばかりでした。
全ての人が、免許取得という同じ目的のために頑張っているので、自然と仲間意識も芽生えましたし、悩みを共有する事も出来ました。
また、学科教習の補助として、コンピューターを使っての勉強ができるスペースも確保されていて、何かと心強い環境でした。
肝心の教習所の方も、合宿の申し込み者は乗車のスケジュールも無駄なくびっしり入っていました。
また、乗り越して乗車時間が増えてしまったり、キャンセルをしてしまって予定が変更になった場合でも場合でも、簡単に予定を組み替える事が出来ました。
ほとんどの人が、所定の期間で卒業検定をパスする事が出来ていたように思います。
教習所は、通い始めてみるとそれなりに面白さもあるものですが、免許取得までにはそれなりの期間が必要になります。
働きながら、学校に通いながらでも取得する事は確かに可能ですが、学生の様に長期休暇がある場合には、合宿免許という選択肢も多いにアリだと思います。
短期間で集中して通えるので、上達もしやすい様に思います。